f0198072_10322129.jpg
年が明けて、きりりと寒いこの時期には、
寒くなったこの時期に、今年もお味噌を仕込みましょう♪
自分で仕込んだ味噌はとってもおいしいのです。
まだ味わったことがない方はぜひいちど☆

お豆は煮ておくので、あとはお好きなようにつぶして混ぜて・・
そのまま寝かせておけば、
梅雨明け頃にはとってもおいしいお味噌ができていることでしょう。

お味噌を仕込んだあとに
なにか温まるものをご用意します。

ご興味ありましたらどうぞ~♪


詳細はこちら
梅酒は漬けているけれど・・今年は梅干しを漬けたい、
という声をきき、梅の状況を聞きながら梅干し会を☆
f0198072_23494581.jpg

梅干し用には木で熟した黄色い梅、
ぷんぷん香ってとどきました♪
もうすぐにでも漬けられる完熟梅もあり、会まで温度管理しながら・・

当日には全部がちょうどいい状態に熟し、
みなさまで、洗ってヘタとって、水分とって、
お手軽に袋漬けにしてお持ち帰り。
f0198072_23542160.jpg

紫蘇漬けの工程は、先に漬けた小梅で実演、
梅酢が上がったら、新鮮赤紫蘇を手に入れてやってみましょう。

そしてその後は、
これまで漬けた、いろいろな梅干しを食べ比べながら、
梅干しを、普段の食事に活かす方法を探るごはん。
f0198072_2354189.jpg

結構なんにでも合う梅干し。
これまでよりお料理の場に登場する機会が増えたかしら・・

バタバタで写真はこの1品だけ・・
胡瓜入り赤梅酢の酢飯の鯵寿司。
f0198072_23531989.jpg


そして、会に合わせて、
田本さんが、完熟杏と色とりどりの梅を送ってくださいました☆
これは美味しいドリンクになりますねえ・・
大きな杏もおいしかった~
f0198072_23542592.jpg


おいしい梅干しができますように。
ありがとうございました。
f0198072_885687.jpg

梅雨は、梅の熟す頃の雨、ともいわれます・・
梅しごとのしめくくりは、熟した梅での梅干しづくり☆

毎年、梅干し用には、木で熟して黄色くなってきた梅を送っていただきます。
なので、出来上がった梅干しはとてもフルーティで、果物なんだなあと感じます。

今年こそ梅干しを漬けたい、という声がありましたので、
梅干し用に色づいた南高梅で、梅干しを仕込んでみましょう♪
できた梅を毎日のごはんにいかす方法も考えてみましょう~

*ありがとうございます、満員になりました。
◆梅しごとはじめての方も
  「黄熟南高梅で梅干し仕込み」 和歌山田本さんの黄熟南高梅
 ◇内容
  ・梅干しについてのお話と梅干し仕込み(おひとり800gほどの梅をジッパー袋仕込みでお持ち帰り)
  ・紫蘇漬け、土用干しについて
  ・梅干しの試食と、梅干し活用について
 ◇日時 6月17日(金)11時~ 2時間ほどの予定   
 ◇参加費 4000円(仕込んだ梅、試食、軽食代込み)
 ◇持ち物 手拭き、お持ち帰り袋
 ◇場所
  大倉山教室(東横線大倉山駅より徒歩9分ほど)
  エレベーターのない3階です
 ◇お申込み:
 ご参加希望の方は、toramame8@gmail.com宛に下記項目とともにご連絡ください。
 *お名前、ご連絡先、ご希望の日時、人数、PCの方はすぐに連絡のとれる連絡先(携帯番号)をお知らせください。
 *材料準備の都合上、前日のキャンセルより参加費を頂戴いたしますので、ご了承のうえお申込みください。
 *受付確認は、連絡いただいてから2日以内にご連絡いたします。
f0198072_935529.jpg